2008年07月26日

花火大会

K3200306.JPG久しぶりに浴衣を着て、花火大会に行って来ました。立川の昭和記念公園にて。
posted by ゆめ at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

キャビア!

K3200295.JPGK3200296.JPGキャビア!本物の!
posted by ゆめ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

お誕生日☆

K3200286.JPG今月は、お誕生日。母と私は誕生日が1日違いなので、一緒に祝いました。大台にのってしまいましたヨ。なかなかに気分悪し。
ウエストのイチゴショートケーキ☆好評でした。数字のローソクは、別に用意しました。
数字の意味するところに気が付くと、母も大変気分悪そうでした。(――;)一緒に現実を直視しようよ〜って言ってみたけど。こうして並べてみると、なかなか愉快だけどなあ。
母と弟がちび猫を見にやって来て、急遽のお誕生日会でした。
posted by ゆめ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

ラベンダースティック

K3200277.JPGベランダで三年目のラベンダーが豊作です!
普通のポプリは、乾燥させて、花と莟だけ取るのだけど、ラベンダースティックにすると、茎も生かせます。
奇数の本数で束ねて、茎を折り返して、リボンを茎の内外交互に通して行くだけ。
最近は、お店の名前の入ったリボンが多くて、キレイだけど使い道がなかったり。一年貯めておいて、この季節の楽しみです☆
posted by ゆめ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

銀座ウエスト

K3200260.JPGクラッシックに美味しい定番。ショートケーキとモンブラン。
posted by ゆめ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

韓国の海苔巻き

K3200263.JPGサービスでくれた海苔巻き!韓国の海苔巻きは、普通のご飯です。
posted by ゆめ at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

サムゲタン

K3200261.JPG韓国料理屋さんを発見。念願のサムゲタンをいただきました。韓国のお酒マッコリーで少し早い誕生日祝い☆
丸々一匹の鶏に餅米を詰めて煮込んだスープ。写真は鶏肉を崩した後。とっても濃厚です。ニンニクや棗、朝鮮人参、栗も柔らかく煮えて、おいしく食べられます。
韓国人の姉妹がやっています。その名も「姉妹」。お店の中だけ韓ドラみたい。いい雰囲気です。
posted by ゆめ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

カフェオレアート

K3200253.JPGお気に入りのケーキ屋さんで、カフェクレームを頼んだら、熊さんの顔が!!!
気付かず、口を付けてしまい、顔がちょっと歪んだ。(TT)
かわいいよ!飲めないじゃん。
posted by ゆめ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

チコリーコーヒー

K3200250.JPGディズニー土産のドリップコーヒー。これがなかなかいけるのです。ハーブのチコリが入ってます。あたためたミルクをたっぷり入れてカフェオレに。
かわいいパッケージが最後の一つになったので、記念にパチリ。
posted by ゆめ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

十六年半、一ヶ月、それから一生と言う時間。

K3200221.JPG

バドが亡くなって、一ヶ月。
何だかもっともっと長い時間が過ぎてしまったような気がする。

死んだ人が胸の中にいるって、よく言うけど、今私にも本当にそう感じられる。
姿が見えない、触れられないことは、まだとても寂しい。
けれど、胸の中にいつもバドがいて、暖かい。
それを、何度も確かめてしまう。

確かに私のこれまでの人生は、
その出来事だけを年表のように並べていけば、
結婚する前も、結婚した後も、
平均的な同世代の友人たちより大変で、
恵まれたとは言いがたいものだったけど、
私は、私が持っていないものばかり意識しては、
自信をなくしたり、不安になったり、自分を見失ってきた。

でも、振り返ってみれば、
バドといる時は、いつもそんな事はみんな忘れてしまって、
私は、ただの私で笑っていられた。

バドは、私が13歳の時に、私のところにやってきて、
それからの16年半を、ずっと一つ屋根の下で過ごした。
思えばバドが私の家であって、私がバドの家だった。
私が幼かった時も、家の外にばかり行っていた時も、
愚かだった時も、がんばった時も、
私が気づいている時も、気づいていない時も、
私たちは、ずっとずっとそばにいた。
そして今になって、バドがしていてくれたことが分かる。
バドは、孤独に育ってしまった私の心に、いつも寄り添っていてくれた。
まるで親のように見守っていてくれた。猫なのに。。。

バドの存在は、私にとって空気のようで、
彼を失うと思ったとき、私はとっさに
空気がなかったら生きていけない、と思ってしまった。

でも、次の瞬間、
ごくあたりまえに、少しも大げさでなく、
私に与えられつづけていた16年半分の愛がどっと押し寄せてきて、
それは、彼が死んでもなくなるものではないんだ
と分かって、胸が熱くなった。
本当にほかほかと胸が温かくなった。

バドが体調を崩して入院してから亡くなるまでの数日間、
面会の度に弱っていくバドを目にすることは、切なく辛いことだったけど、
それでも会って、一緒にいれば、それだけで幸せで、それだけで良かった。
そしてそれは、バドにとってもそうなのだと分かった。

バドは猫で、私は人間だけど、
私にとって、猫だったら誰でも良かったわけではないし、
彼にとって、人間なら誰でも良かったわけではなくて。
私たちはお互いの事が大好きで、
そういう、彼と言う存在と私と言う存在の組み合わせが
生まれて、出会って、
十六年半もの間を一緒に過ごせたことが、
どれだけ幸せなことか、考えてみた事もなかった。

私は、幸せ者だ。

そう思ったら、辛かった出来事も、
悲しかった出来事も、大変だった出来事も、
全部がこの幸せの中にすっぽり包まれて、
不運を取り返そうと無理ばかりして、
心を押しつぶされそうになっていた自分がばかばかしく思えた。

私はもう、私の人生を疎ましくは思わない、恥じることもない。
暖かい気持ちで、これまでの出来事を振り返る事ができる。
私はやっと、自分に与えられた運命を素直に受け入れる準備ができた。

私の心に開いていた穴は、
暖かくて丸くてふさふさしたものが塞いでくれた。
もう継ぎ目も分からない。

バドが、一生をかけて教えてくれた事。
私は私であるだけでいい。

無理しなくていい、がんばり過ぎてはいけない。
何かができてもいい、できなくてもいい。
私が私らしくいて、自然に素直に生きられていれば、
バドは、これからも、心配なく、気持ちよく、ごろごろと喉をならしていられる。

私が幸福に生きていく事が、恩返し。
私が幸せでいれば、私の胸の中のバドへのチャンネルを通じて、バドも幸せ。

それは、そんなに簡単な事ではないし、そんなに難しい事でもない。

一番大切なものが分かったから、
それをもう既に持っている事が分かったから、別に何もいらない。
何かが手に入らなくても、何かがだめでも、どうということはない。
与えられるものを受け取って、その時その時を生きたいように生きてゆくだけ。
毎日を丁寧に積み重ねてゆくだけでいい。

バド、ありがとう。
神さま、ありがとう。
posted by ゆめ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

魂とはくを一つに統一し、離れないようにできるか。
呼吸を調和集中させ、嬰児のようにすることはできるか。
自分の中の曇った鏡をきれいにし、何もないようにすることはできるか。
人々を愛し、国を統治して、しかも知られずにいることができるか。
無存在の領域に出入りし、行動を自分で起こすことができるか。
明るい照明を知らなくても、あらゆる方面へ及ぼすことはできるか。
それを養い、育てよ。
生み出しても、それを所有するな。
はたらかせても、それに頼るな。
導いても、それを統御するな。
これは神秘の徳と呼ばれる。

老子 道徳経 十章
posted by ゆめ at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

出る杭は打たれる

出る杭は打たれるって、言うわけですが、
私は、昔からいわゆる「出る杭」です。

いつからか、
出る杭だからいけないんだって思いが強くなって、
なるべく出ないよう出ないようにと、
気ばかりすり減らす人になっていたかもしれない。

それで引っ込んでるかって言ったら、
どうがんばっても、結局は出てるわけで。(笑)
だって、生まれた時から、そんな人なわけだし。(−−;)

どちらにせよ打たれるんだったら、
思いきりのびのびと、出てしまった方が良いのかも。
それが、自分と言うものなのだから。
疎ましく思う人がいれば、
打たれるのも自然なことなのだと思う。

縮こまった心で、中途半端に出っ張ったところを打たれれば、
ダメージも大きいわけだ。
しっかりと自分の意思で踏み出して、
きちんとした構えで打たれようと思う。

がんばれあたし。


posted by ゆめ at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

眠れぬ夜に

人の世に家を建てて、
馬や車の騒音を聞かないと言うことが、
どうしてできようか。
心がとらわれないとき、その場所は静かである。

陶潜
posted by ゆめ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

biography

自分の備忘のため、biographyを作ってみました。

2001年3月(22歳) 大学卒業
2001年4月(22歳) 大学院入学
-------------------------------------------------------
2002年4月(23歳) 大学院休学

-------------------------------------------------------
2003年5月(24歳) 夫(婚約中)が事故に遭いむちうち。(停車中に後続車両が追突)
2003年7月(25歳) 結婚         ↓
---------------------------------↓--------------------
2004年4月(25歳) 大学院退学      ↓この間ずっと
                 ↓夫は極度の体調不良でした。
---------------------------------↓--------------------
2005年4月(26歳) 日野市へ引越し    ↓
2005年9月(27歳) 夫が「脳脊髄減少症」と判明。大学院を休学し、手術&療養開始。
-------------------------------------------------------
2006年4月(27歳) 夫が病気と分かったので、バイトから派遣に。(都内某研究機関の図書室に勤務。)
2006年10月(28歳) 自転車で通勤中、進入禁止違反&前方不注意の車にはねられる。軽度の頚部捻挫。
-------------------------------------------------------
2007年4月(28歳) 夫が大学院へ復学。
2007年11月(29歳)現在 私:仕事をしながら、接骨院、鍼などで治療中。
        夫:だいぶ元気になりましたが、まだリハビリ中。
          週に数日働いたり、学校に行ったりできる感じ。
          夫の病気については、 詳しくはこちらへ。
posted by ゆめ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

許すと言うこと

許せないと言う気持ちは、
心にできた腫瘍のようだと思う。
それがあることで、心はひきつれて、
ものごとをしなやかに受け止めることができない。

許したつもりで、
許していない自分を発見する時、
じゃあ、この、自分の受けた負のエネルギーを
いったいどうしたらよいのか?途方にくれる。
心に穴を開けつづけるやりきれない出来事をどうしたらよいのか?
穴の開いた心から、そそいでもそそいでも暖かいものがこぼれて行く。

誰かを、何かを、許せないと言うことは、
自分をも許せないと言うことだ。
非を取り上げ、責める相手を探す時には、
自分にも厳しい目を向け、心を縛ることになる。

だから、許すと言うことは、
相手を許すと言うだけでなくて、自分を許す事。
許さなくちゃと言うよりは、許していいんだよと言う事。

だめな誰かとだめな自分を同時に慈しむ。
やりきれない出来事を回避する責を負うことはなく、ただそれを悲しむ。
心に慈悲を持つと言うのは、つまりはそう言うことだ。
そこから先は神さま仏さまの領域。いくらでもガス抜きできる安全弁。
グリム童話で言うところの「いろんな心配は神さまにお返しして」と言う奴。

大仰な響きだけれど、
誰のためでもなく、
自分のため、
それこそが心の傷をあがなうもの。
posted by ゆめ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ゆめとごはんつぶ

今日、仕事帰りに道を歩いていたら、ニットのお腹のあたりに干からびた御飯粒が!
いつから付いてた!?もちろん昼休みから。

・・・。

わりといつもこんな私です。
口のまわりに食べかすついてたり。
あごにソースがとんでたり。
恥。

ほんとは、どうでも良いと、思ってるんでしょうね。
posted by ゆめ at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ピクニックいちご味

070909_1928~001.jpg 昔、水泳教室の帰りに必ず買って貰えた、森永のピクニックいちご味。まだ売ってたんだ!うれしい!
 夏になると旦那とたまに市民プールに行くのですが、プールから上がる無性に飲みたくなるのです。イチゴミルク系の飲み物は、あるんだけど、どれもこれも甘ったるくて、酸味はあるのにイチゴの味はしない!PIKNICが飲みたいよーと思ってたら、灯台下暗し、行きつけの業務スーパーに売ってました!
 小学生のころ、水泳教室に通っていた時期があって、そこの自販が森永の紙パックのジュースだったんですよね。PIKNIKが全色(?)揃っていて、他に豆乳ドリンクの自販とかもあって、ちょっと変わったラインナップだったのでよく覚えています。そこで一番お気に入りだったのがPIKNIKのいちご味。弟が同じ施設で体操を習っていたので、迎えにきた母が必ず買ってくれました。ジュースとかあんまり飲ませない家庭だったし、母が待っていてくれることとか、渡された百円玉の感触とか、何だか幸せなような切ないような思い出が呼び起こされます。パッケージは、変わっちゃいましたね。昔の方がかわいかったな。背が低くて、平べったくて、ほのぼのした感じの何色かのピンクで、PIKNICのロゴの下に虹がかかってた。ロゴは変わってない感じですけどね。前のパッケージに戻らないのかなあ・・・。あ。PIKNIKの自販発見!!これだ!

posted by ゆめ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

Sunday 12th Aug.

 今日は、朝7時に起きて、洗濯機をかけ、ジョギングに行こうかなと思ったんだけど、痛めた左肩がまだ痛かったので、取り合えず、ずっと気になっていたマンションのゴミ捨て場を片付け!
 部屋に戻ると、まだ洗濯機が頑張っており、猫が外に出たいと言うので、マンションの廊下に出してやり。廊下は西側なのでまだ日陰で、風も涼しくて、いい感じ。私は折りたたみ椅子を出して腰掛け、漢方薬を飲みながら空いた片手で猫の毛繕い。二人ともごきげん。私にその機能がついていれば、猫と一緒に喉をゴロゴロ鳴らすところなんだけど。ここまでのんびりしても時刻は八時台。早起きは三文の得ですね。
 それから洗濯物を干して、冷蔵庫から残りものをひっぱり出して、朝ごはんを食べ、さて今日は何をしよう?旦那さんも留守中だし、1日中家の中にいるのもなんだかなあ。と、言うわけで、自転車をこいで、近所の小さな市民プールへ。背中つったばっかりなので、接骨院の先生には、やめなさいと言われていたんだけど、こんな天気の良い日に家の中にいる方が、身体に悪い!午前中の光の中、川沿いのサイクリングロードを行くと、川面を光がきらきらと反射して、緑の縁取りはあくまでも色濃く美しく、ああ今ここに夏が来ているなあ、と言う感じ。プールでは、本当に軽〜く泳いで、しょっちゅうサウナで休憩し、帰りにロビーで紙パックのりんごジュースを飲んで、何だか子供時代の夏休みにタイムスリップしたようでした。それから、再び自転車を駆って駅前に出て、マツキヨでマニキュアと日焼け止めを新調し、今は、お気に入りの喫茶店で食事中。これから、スーパーで買い物をして帰ります。
 私にとって、夏は少しさびしい季節です。旦那さまがフィールド調査で、毎年どこかしらのお山に行ってしまうので、ぴかぴかのお天気の中、一人でお留守番の事が多いのです。立秋を過ぎて少しづつ弱くなってゆく夏の光と、人気のないお盆を、毎年猫と二人で見送っています。夏らしいお出かけって長いことしてないな〜。でもま、今日は夏らしさをたくさん吸収したから、よしとしますか。
posted by ゆめ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

麦茶

ここのところ胃腸が荒れてしまって、食欲が出ず、
胃下垂で虚弱なあたし・・・夏ばてでまた痩せちゃう・・・、
こんなんで生きていけるのかな、と、思っていたら、

麦茶が悪くなっていました。

馬鹿ですか?(TT)

(いや旦那ちゃんがいないので、なかなか減らず、
気がつかないうちに一週間以上たってて・・・、ごにょごにょ。)
posted by ゆめ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

さて。

070619_1452~001.jpgこれは何でしょう!?
本日にて、29歳となりました。ずっしり来ますね。(−−;)旦那ちゃんより、たいそうなプレゼントをいただきました。ホワイトゴールドとブルームーンストーンの指輪です。なんだか氷がついているみたいで、涼やか。(^ー^)

posted by ゆめ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。